坂本真士研究室本文へジャンプ本文へジャンプ

研究結果報告


ここでは現在行っている研究について速報します(無断転載はご遠慮下さい)。正式版は論文で発表いたします(論文情報については「ホーム」をご覧下さい)。
研究にご協力いただきました皆さま、心より感謝申し上げます。

  • 新型うつ研究

    "新型うつ"のしろうと理論:大学生を対象としたテキストマイニングによる分析. 日本心理学会第77回大会, ポスター発表
    "新型うつ"のしろうと理論(2):人々の特徴や原因の検討. 日本社会心理学会第54回大会, ポスター発表
    "新型うつ"のしろうと理論(3):社会人を対象とした検討. 日本社会心理学会第55回大会, ポスター発表
    対人過敏・自己優先尺度(IPS)の作成(1)ー抑うつの重症度, タイプとの関連ー. 第11回日本うつ病学会総会, ポスター発表
    対人過敏・自己優先尺度の作成(2)ー尺度の信頼性および因子構造の検討ー. 心理臨床学会第33回大会, ポスター発表
    Personality features of modern type depression. Asia Psychological Association 5th Conference Program, poster presentation
    対人過敏・自己優先尺度(IPS)の作成. 日本心理学会第78回大会, シンポジウム話題提供

    関連情報:
    勝谷紀子 個人HP
    山川樹 個人HP

  • ソーシャル・キャピタルとメンタルヘルスの研究

    (現在、工事中)
    Last updated 2015.2.3.
  •