坂本真士研究室本文へジャンプ 本文へジャンプ

抑うつの基礎研究


著書

坂本真士・丹野義彦・大野裕(編著)(2005) 抑うつの臨床心理学 東京大学出版会

論文

Fujisawa, D., Tanaka, E., Sakamoto, S., Neichi, K., Nakagawa, A., & Ono, Y. (2005). The development of a brief screening instrument for depression and suicide ideation for elderly: The Depression and Suicide Screen. Psychiatry & Clinical Neurosciences, 59, 634-638.

坂本真士 (2002) 第5部 抑うつに関連した研究 4 抑うつ 下山晴彦・丹野義彦 (編集)講座臨床心理学 第4巻 異常心理学II pp.147-163. 東京大学出版会

坂本真士 (2000) 5章 実践に基づく統合的研究 3節 アナログ研究 下山晴彦(編)臨床心理学研究の技法 pp.119-125, 福村出版.

Kitamura, T., Sakamoto, S., Yasumiya, R., Sumiyama, T., & Fujihara, S. (2000) Child abuse, othe early experiences and depression: II. Single episode and recurrent/chronic subtypes of depression and their link to early experiences. Archives of Women's Mental Health, 3, 53-58. Sugawara, M.,

Sakamoto, S., Kitamura, T., Toda, A. M., & Shima, S. (1999) Structure of depressive symptoms in pregnancy and the postpartum period. Journal of Affective Disorders, 54, 161-169.

Sakamoto, S. Kijima, N., Tomoda, A., & Kambara, M. (1998) Factor structure of the Zung Self-Rating Depression Scale (SDS) for undergraduates. Journal of Clinical Psychology, 54, 477-487.

丹野義彦・坂本真士・石垣琢麿・杉浦義典・毛利伊吹 (1998) 抑うつと推論の誤り−推論の誤り尺度(TES)の作成− このはな心理臨床ジャーナル, 4, 55-60.

坂本真士 (1998) 抑うつの心理学的・認知的アセスメント 精神科診断学, 9, 457-467.

坂本真士 (1997) 精神症状評価尺度の基礎概念について こころの臨床ア・ラ・カルト, 16, 363-366.

坂本真士 (1995) 抑うつと不安における正常と異常 精神科診断学, 6, 131-142.



軽症抑うつの発症メカニズムの検討


自己注目関連
坂本真士 (2007) 自己への注意の持続性から見た抑うつの発生・維持メカニズム 基礎心理学研究, 25, 228-236.

Sakamoto, S., Kijima, N., & Tomoda, A. (2002) The association of self-preoccupation to self-reported duration and severity of depressive episodes. Psychological Reports, 90, 861-868.

坂本真士 (2001) 自己注目と抑うつ 詫摩武俊・鈴木乙史・清水弘司・松井豊(編) シリーズ・人間と性格 第8巻 性格の病理 pp.113-123. ブレーン出版

Sakamoto, S. (2000) Self-focus and depression: The three-phase model. Behavioural and Cognitive Psychotherapy, 28, 45-61.

Sakamoto, S. (2000) Self-focusing situations and depression. Journal of Social Psychology, 140, 107-118.

Sakamoto, S. (1999) A longitudinal study of the relationship of self-preoccupation with depression. Journal of Clinical Psychology, 55, 109-116.

Sakamoto, S., Tomoda, A., Iwata, N., Aihara, W., & Kitamura, T. (1999) The relationship between major depression, depressive symptoms and self-preoccupation. Journal of Psychopathology and Behavioral Assessment, 21, 37-49.

坂本真士 (1998) 自己注目と抑うつ−抑うつの発症・維持を説明する3段階モデルの提起− 心理学評論, 41, 283-302.

Sakamoto, S. (1998) The effects of self-focus on negative mood among depressed and nondepressed Japanese students. Journal of Social Psychology, 138, 514-523.

Sakamoto, S. (1998) The Preoccupation Scale: Its development and relationship with depression scales. Journal of Clinical Psychology, 54, 645-654.

坂本真士 (1997) 自己注目と抑うつの社会心理学 東京大学出版会

坂本真士 (1994) 抑うつ者の性格特性の自己評価におけるネガティビティ・バイアス 心理学研究, 65, 156-161.

坂本真士 (1993) 自己に向いた注意の硬着性と抑うつとの関係 教育心理学研究, 41, 407-413.

 
その他
杉山崇・坂本真士 (2006) 抑うつと対人関係要因の研究:被受容感・被拒絶感尺度の作成と抑うつ的自己認知過程の検討 健康心理学研究, 19 (2), 1-10.

亀山晶子・坂本真士 (2006) 大学生における対人過程を媒介とした他者依存性と心理的苦痛の関連 日本大学心理学研究 27, 48-56.

坂本真士・田中江里子・丹野義彦・大野裕 (2004). Beckの抑うつモデルの検討:DASとATQを用いて 日本大学心理学研究 25, 14-23.

森脇愛子・坂本真士・丹野義彦 (2002) 大学生における自己開示の適切性,聞き手の反応の受容性が開示者の抑うつ反応に及ぼす影響−モデルの縦断的検討− カウンセリング研究, 35, 229-236.

森脇愛子・坂本真士・丹野義彦 (2002) 大学生における自己開示方法および被開示者の反応の尺度作成の試み 性格心理学研究, 11, 12-23.

Sakamoto, S., Kambara, M., & Tanno, Y. (2001) Response styles and cognitive and affective symptoms of depression. Personality and Individual Differences, 31, 1053-1065.

Sakamoto, S., & Kambara, M. (1998) A longitudinal study of the relationship between attributional style, life events, and depression in Japanese under- graduates. Journal of Social Psychology, 138, 229-240.

坂本真士・鎌原雅彦 (1995) 達成場面における帰属様式と抑うつとの関係−自由記述法による検討− 帝京大学文学部紀要, 3, 83-94.


大学生のメンタルヘルス向上に向けた実践研究


及川恵・坂本真士 (2007) 認知的対処の自己効力感の向上を目的とした予防教育プログラムに関する実践研究 兵庫大学論集, 12, 61-70.

及川恵・坂本真士 (2007) 女子大学生を対象とした抑うつ予防のための心理教育プログラムの検討―抑うつ対処の自己効力感の変容を目指した認知行動的介入― 教育心理学研究, 55, 1, 106-119.

坂本真士・西河正行 (2002). 大学生における抑うつ気分のコントロールに関する予防的取り組み:グループワークを利用した心理的教育プログラムの開発. 人間関係学研究(大妻女子大学人間関係学部紀要), 3, 227-242.


地域における自殺予防に向けた研究


Oyama, H., Ono, Y., Watanabe, N., Tanaka, E., Kudoh, S., Sakashita, T., Sakamoto, S., Neichi, K., Satoh, K., Nakamura, K., Yoshimura, K. (2006). Local community intervention through depression screening and group activity for elderly suicide prevention. Psychiatry & Clinical Neurosciences, 60, 110-114.

Sakamoto, S., Tanaka, E., Neichi, K., Sato, K., & Ono, Y. (2006). Sociopsychological factors relating to suicide prevention in a Japanese rural community: Coping behaviors and attitudes toward depression and suicidal ideation. Psychiatry & Clinical Neurosciences, 60, 676-686.

Yamashita, S., Takizawa, T., Sakamoto, S., Taguchi, M., Yakenoshita, Y., Tanaka, E., Sugawara, I., & Watanabe, N. (2005). Suicide in Japan: Present condition and prevention measures. Crisis, 26, 12-19.

瀧澤透・坂本真士・田口学・竹之下由香・田中江里子・山下志穂・菅原育子・渡邉直樹 (2004). 青森県における市町村別自殺死亡の地域差について 自殺予防と危機介入 25, 65-69.

大野裕・坂本真士・田中江里子 (2004). 地域における自殺防止対策 臨床精神医学 33, 1561-1564.

Sakamoto, S., Tanaka, E., Neichi, K., & Ono, Y. (2004). Where is help sought for depression or suicidal ideation in an elderly population living in a rural area of Japan? Psychiatry & Clinical Neurosciences, 58, 522-530.

坂本真士(2004).地域における住民の態度とうつ,自殺 ストレス科学, 19, 22-29.

坂本真士 (2004). 社会心理学的観点から見た自殺問題 こころの臨床ア・ラ・カルト, 23, 61-65.

大野裕・田中江里子・坂本真士・根市恵子 (2003) 青森での地域介入研究の経験と成果 ストレス科学, 17, 245-251.

坂本真士・田中江里子・豊川恵子・大野裕 (2002). 地域における高齢者のうつ病及び自 殺の早期発見・早期治療に関する研究―地域住民はうつ病をどう認知し、だれに援助希 求するのか― (財)安田生命社会事業団 研究助成論文集, 37, 161-168.


自殺報道についての研究


坂本真士・田中江里子・影山隆之 (2006) 自殺の新聞報道の現状と問題点:「ネット自殺」以降の新聞報道の内容分析を通して こころの健康, 21(2), 44-53.

坂本真士・影山隆之 (2005) 報道が自殺行動に及ぼす影響:その展望と考察 こころの健康, 20(2), 62-72.


精神保健支援に向けた基礎研究


寺田裕美・坂本真士 (2007) 「精神障害」の判断に関与する要因の検討 ―症例記載を用いて― 日本大学心理学研究, 28, 96-105.

斉藤和貴・坂本真士 (2007) 態度構造と一致する成分の刺激提示による態度変容 ―統合失調症への否定的態度を対象に― 日本大学心理学研究, 28, 89-95.

奥村泰之・坂本真士・岡隆 (2007) 大学生におけるうつ病治療の選好構造:コンジョイント分析を用いて 日本社会精神医学会雑誌, 16, 3-12.

下津咲絵・坂本真士・堀川直史・坂野雄二 (2006) Linkスティグマ尺度日本語版の信頼性・妥当性の検討 精神科治療学 21, 521-528.

下津咲絵・坂本真士・堀川直史・冨高辰一郎・坂元薫・坂野雄二 (2005). 受療行動に関するセルフエフィカシー尺度の作成と信頼性・妥当性の検討 行動医学研究, 11, 7-13.

下津咲絵・堀川直史・坂本真士・坂野雄二 (2005). 統合失調症におけるセルフスティグマとその対応 精神科治療学 20, 471-475.

Hasui, C., Sakamoto, S., Sugiura, T., Miyata, R., Fujii, Y., Koshiishi, F., & Kitamura, T. (2002) Burden on family members of the mentally ill: A naturalistic study in Japan. Comprehensive Psychiatry, 43, 219-222.

Sugiura, T., Sakamoto, S., Tanaka, E., Tomoda, A., & Kitamura, T. (2001) Labeling effect of seishin-bunretsu-byou, the Japanese translation for schizophrenia: An argument for relabeling. The International Journal of Social Psychiatry, 47, 43-51.

Sugiura, T., Sakamoto, S., Kijima, N., Kitamura, F., & Kitamura, T. (2000) Stigmatizing perception of mental illness by Japanese students: Comparison of different psychiatric disorders. Journal of Nervous and Mental Disease, 188, 239-242.

Hasui, C., Sakamoto, S., Sugiura, T., & Kitamura, T. (2000) Stigmatization of mental illness in Japan: Images and frequency of encounters with diagnostic categories of mental illness among medical and non-medical university students. The Journal of Psychiatry and Law, 28, 253-266.

蓮井千恵子・坂本真士・杉浦朋子・友田貴子・北村總子・北村俊則(1999) 精神疾患に対する否定的態度−情報と偏見に関する基礎的研究− 精神科診断学, 10, 319-328.

坂本真士・杉浦朋子・蓮井千恵子・北村總子・友田貴子・田中江里子・木島伸彦・丹野義彦・北村俊則 (1998) 精神疾患への偏見の形成に与る要因−社会心理学的手法によるアプローチ 精神保健研究, 44, 5-13.

坂本真士・友田貴子・木島伸彦・田中江里子・北村總子・齋藤令衣・北村俊則 (1997) 精神科領域における疾患の一般的呼称に関する研究U−疾患名および症状の記載との関連について 精神科診断学, 8, 251-261.

坂本真士・田中江里子・友田貴子・木島伸彦・北村總子・齋藤令衣・北村俊則 (1997) 精神科領域における疾患の一般的呼称に関する研究T−呼称のイメージと態度の評価 精神科診断学, 8, 241-248.


臨床と基礎のインターフェイス


坂本真士・丹野義彦・安藤清志(編著)(2007) 臨床社会心理学 東京大学出版会

坂本真士 (2005). 社会心理学と認知行動療法 理論心理学研究 7, 53-56.

坂本真士 (2004). 臨床心理学と社会心理学の接点 ストレス科学, 19, 149-155.

坂本真士・佐藤健二(編著) (2004) はじめての臨床社会心理学 有斐閣

丹野義彦・坂本真士 (2001) 自分のこころからよむ臨床心理学入門 東京大学出版会


その他


勝谷紀子・高畑真祐美・中里洋子・近藤佳子・鶴岡愛子・徳竹百合香・坂本真士 (2007) 自己開示の受け手の評価,重要他者に対する再確認傾向,自己開示の媒体が受け手に対する自己開示者の印象と感情に及ぼす影響 日本大学心理学研究, 28, 29-37.

Sakamoto, S., Moriwaki, A., Sasaki, J., Miyata, Y., Kobori, O., Bando, N., Sato, K., Okumura, Y., & Tanno, Y. (2006). Benefits of negative thinking and negative affect: Analyses of answers to an open-ended question by Japanese undergraduates. Psychological Reports, 99, 449-461.

Noguchi, K., Gohm, C.L., Dalsky,D.J., & Sakamoto, S. (2007) Cultural differences related to positive and negative valence. Asian Journal of Social Psychology, 10, 68-76.

Saint Arnault D, Sakamoto S, Moriwaki A. (2005). A cross-cultural study of the experiential structure of emotions of distress: Preliminary findings in a sample of female Japanese and American college students. Psychologia, 48, 254-267.

Saint Arnault D, Sakamoto S, Moriwaki A. (2005). The association between negative self-descriptions and depressive symptomology: Does culture make a difference? Archives of Psychiatric Nursing, 19, 93-100.

Kitamura, T., Kawakami, N., Sakamoto, S., Tanigawa, T., Ono, Y., & Fujiwara, S. (2002) Quality of life and its correlates in a community population in a Japanese rural area. Psychiatry & Clinical Neurosciences, 56, 431-441.

坂本真士・田中江里子 (2002) 改訂版楽観性尺度(the revised Life Orientation Test)の日本語版の検討 健康心理学研究, 15, 59-63.

坂本真士・鳴澤實 (2001) 本学部学生の学生生活についての調査 人間関係学研究(大妻女子大学人間関係学部紀要). 2, 59-71.

坂本真士・鳴澤實 (2000) 学生相談の体制づくりに向けて−本学部学生の入学目的、志望動機および社会的サポートの調査から 人間関係学研究(大妻女子大学人間関係学部紀要), 1, 59-68.

Tanaka, E., Sakamoto, S., Ono, Y., Fujihara, S., & Kitamura, T. (1998) Hopelessness in a community population: Factorial structure and psychosocial correlates. Journal of Social Psychology, 138, 581-590.

Tanaka, E., Sakamoto, S., Kijima, N., & Kitamura, T. (1998) Different personalities between depression and anxiety. Journal of Clinical Psychology, 54, 1043-1051.


研究の紹介へ戻る

Last Updated:2010.8.28

 Copyright 2003-2010 坂本真士. All rights reserved.